NO IMAGE

病院ではなく自宅で看取ることのできた祖父

数年前に祖母を病院で看取りました。 その際には突然の病で、何日間もICUで生死をさまよい、やっと一般の病棟に移ったときも喉から人工呼吸器を通されてとても痛々しい姿でした。 その後、退院することはできず、そのまま病院で最期を迎えました。 それから、徐々に元気がなくなってしまった祖父も、去年の暮が来る前にお迎えがやってきました。 祖母と同じ系列で、新しくできたばかりの病棟でした

記事を読む

NO IMAGE

近所の行きつけの病院さがしについて

我が家は転勤族ということもあり、引っ越しも結婚18年で3回経験しました。 引越しそのものも慣れたものですが二人の娘がいるので病院探しもそれなりに慣れたものだと思っています。 今でこそ、二人とも大きくなりましたが小さなころは病院にお世話になることも多かったので近所の病院探しは重要なポイントになっていました。 まずはかかりつけの内科さんさがしです。 次に花粉症などの耳鼻科、歯医者さ

記事を読む

NO IMAGE

医療事務の将来性 何才まで働ける?

医療事務の仕事は年齢に左右される事なく、長い期間勤められます。 中規模病院などは継続して勤務していれば定年まで働く事も出来ます。 問題なのは個人医院です。 二代目、三代目と後を継ぐドクターがいなければ終わりが来ます。 開業する医師は経験を積み、ある程度の年齢になっている為、比較的若い時期に開業して高齢まで頑張った場合で30~40年位かなと思います。 長く働きたいのであれば色々調べ

記事を読む

NO IMAGE

今日の担当医はだれ?いまどきの病院事情

わが家がよく利用する個人総合病院には内科と小児科があります。 10年ほど前までは各科にメインで対応する先生がいて、それ以外を複数の先生がサポートしていました。 例えば、内科の第一診療室ではメインのA先生が診療にあたり、第二、第三診療室では曜日によって他の先生が入るというようにです。 小児科も同様、診療室は1つだけなのでメインのB先生が診療にあたり、週2日ほど午後の診療は別の先生が

記事を読む

NO IMAGE

幼児を持つ親にとって夜間緊急病院はありがたいです

子供が幼児期のときの体験です。 この時期にはちょっとしたことで子供は体調を崩しがちです。 真夏のことでした。 半そで、半ズボンと言う格好をさせていましたが、スーパーやお店の中は冷房がキンキンしていて、結構寒いと思うことがありました。 大人は、お店の冷房が寒すぎるのをよく知っているので、カーディガンやジャケットなどを持っていくのですが、子供は生活経験が少ないので、そんなことは知り

記事を読む

NO IMAGE

医療事務は色々な働き方が選べます

どの職種においても正社員、パート、契約社員、派遣などの働き方があります。 医療事務においても同様で、働き方で選ぶことが出来ます。 子どもがまだ小さいからパートで働きたい。 月の前半だけ働きたい。 家庭の事情で短期の派遣で働きたい。 フルで働きたいので正社員を希望など、ありとあらゆる要望に応えて仕事を探せるのが医療事務です。 医療事務 資格 種類 医療系の仕事を探してくれる紹介業者

記事を読む

NO IMAGE

病院食が美味しいところは魅力的です

私は何度か、いろいろな病院に入院をしたことがあります。 そしてその中でも、ある程度病気が安定して、元気になってくると、その病院の食事が楽しみになってきたのでした。 食事が楽しみになってくるというのは、とても不思議だと思いますが、入院しているほとんどの患者にとっては、その食事を食べることが一番の楽しみとなるのです。 特に、その食事のメニューについては気になるところです。 ある

記事を読む

NO IMAGE

魅力的な店が院内にある病院に感動しました

私は先日、友人のお見舞いのために病院にいってきました。 その時、その病院のなかにはいったときに、いつも利用している病院と少し違う感じを受けたのです。 その違う感じというのは、病院内というよりも、ホテルのロビーのような印象を持つ事ができたのです。 そしてそのことはどうしてだろうと思っていたところ、まず歩いている医療スタッフの感じが違っていたのでした。 その医療スタッフが、落ち

記事を読む

1 2