医療事務という仕事がおすすめの理由

医療事務と聞くと、病院の受付だから楽そう・結婚しても続けられる・資格がなくても働ける・資格取得が簡単といった事などで女性に人気の職種だそうです。
医療事務資格の難易度に見るおすすめの資格はどれ?
実際働いてみると場所にもよると思いますが、そんなに簡単なものではありません。

受付は最初の窓口なので、そこから病院のイメージが大きく関わる事がありますし、患者さんの喜怒哀楽を最初に受け止める場所です。
受付は関係していないのに怒られる事もあります。

さらにレセプトは病院の信用や利益に関わります。
レセプトがきちん提出されなければ保険組合からの収入を得る事ができません。

それでも実際に病院で働いてみておすすめする理由は結婚後の事、突然の体調に対応してもらえる利点とやりがいです。

私は総合病院の非常勤だったので自分の科に患者さんが残っていない限りは時間通りに帰れました。
ドクターの手術などもあるので通院の患者さんを遅くまで診る事ができないので、定時が終わるのを待つ事がほとんどでした。

正職員の女性の場合、最後まで残る決まりがあったり、日直で土日出勤があったりしました。(私の勤務先は土日祝日休みだったので休日出勤です)
もし結婚後、生活もきちんとしたいのであれば派遣会社などで紹介してもらう非常勤や派遣がおすすめです。
派遣や非常勤なら時間に制限があるので働きつつ家の事も出来てとても良いです。

また、働いているといつしか疲れが出たり、風邪をひいたりと体調不良が突然起こる事がありますが、場所が病院なのですぐに対応してもらえる安心感があります。

そして、どんな仕事にもやりがいがありますが医療事務にも色んなやりがいがあります。

ある意味、患者さんの命が関わった仕事なので、こちらの対応一つで大きく変わる事もあります。
自分で考え、臨機応変に対応した事で患者さんに感謝されると患者さんの危機を助けた一員になれますし、自分の考えや行動に誇りを持てるようになります。

医療事務の仕事をして良かったと思えるので、やりがいを感じたい・正義感を持ちたい方には特におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加