病院の患者さんに対するストレス軽減の配慮

ある歯医者さんでの話ですが、初めてその病院にかかりました。

入口から入り、受付を済ませて、受付の横のベンチに腰かけて名前を呼ばれるのを待つわけですが、待っている間に癒し系の綺麗な音楽が流れているのに気がつきました。

今から嫌な治療を受けないといけないので、せめて音楽でもゆったりしたものを流したいという病院の配慮なのでしょうね。

そうこうしているうちに名前を呼ばれたので治療室に入りました。

椅子に腰かけて、シートを倒されます。「このままで先生が来られるまで少々お待ちください」と言われて初めて気が付きましたが、そこの病院の治療室にはテレビ画面があって、ヒーリングミュージックと自然の景色が流れていて、すごいなあと感心しました。

少しでも治療時の緊張とストレスを和らげたいという、これも病院の配慮です。

その時気が付いたのですが、治療室には子供も何人かいたのですが泣いてる子がいないのです。

私が子供の頃などは、病院が怖くてわーわー泣いたものです。今時の子供がみなお行儀が良いのかも知れませんが、こういったストレス軽減のための病院の配慮が効を成しているのではないかと思います。

先生方も優しく話される方ばかりで、とても患者さんに気を使っているなあと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加